施術の流れ

1. 採寸
施術部位の施術前のサイズをチェック致します。
2. 遠赤外線ヒートマット
ルシアンで使っているヒートマットは、従来のヒートマットの3倍の遠赤外線を発するマットで、短時間で体の奥深くまで温まり玉の汗が出ます。身体を温めると、筋肉や脂肪などの体内組織が柔らかくなり、深部の脂肪にまでマシンやマッサージのアプローチが届きやすくなります。
3. ラジオ波照射

ラジオ波(高周波)を脂肪やたるみの気になる部位に照射します。

皮下深部にまで届きジュール熱(摩擦熱)が発生され、
体内深部の温度を上げて血行・リンパ促進することにより硬くなったセルライトをゆるめ、
分解・溶解させます。

コラーゲンの再生やエラスチン繊維の生成も促進されハリのある肌へ導かれ、細胞の若返り、引き締め効果があります。
4. キャビテーション照射
ラジオ波で温め血行を良くした状態で、キャビテーション(超音波)を照射します。
脂肪細胞の中に多数の気泡が発生し、気泡が弾けるときに発生する力がセルライトに効果的に働きかけ分解・粉砕されます。
粉砕された脂肪は乳化し体外へ排泄されやすい状態になり、尿や消費エネルギーとして排泄されていきます。
5. 部分集中インドマッサージ

インドの伝承医学「アーユルヴェーダマッサージ」で乳化させた脂肪を強めの圧で揉み出し、リンパの流れに沿って押し流します。

インドエステの浄化作用により精神状態も安定させ整えます。

6. 採寸
施術部位の施術後のサイズをチェック致します。
7. シャワー